記事一覧

マカティ市でスパを摘発、失業の元ダンサーが違法サービス

マカティ市のコンドで違法のスパが摘発され、

従業員の女性2人が救出されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

救出されたのは19歳と25歳の女性で、

以前はパラニャーケ市にある人気のバーで、
https://internet.blogmura.com/facebook/

ダンサーとして働いてましたが、

新型コロナのパンデミックにより失職し、

スパで働いていたということです。

女性たちはバーの元顧客とWe Chatを使用して連絡をとり、

違法サービスを提供していました。

いくつかの顧客は外国人で警察は潜入捜査の際に、

中国人の協力者を使いました。

救出された女性は失職したので、

バランガイ・ポブラシオンのジェネラルルナ通りにあるコンドを借りて、
https://internet.blogmura.com/facebook/

スパを始めることにしたと供述しています。


しかし警察は別の人物がスパを経営していると見ており、

そのため2人は逮捕されず、

あくまでも救出されたと警察は説明しました。

スパでは5人が働いていましたが、

摘発の際は2人しかいませんでした。

捜査員によると顧客は、

入場料とマッサージ料金として3千ペソを支払い、

違法サービスに5千ペソを支払っていたといことです。

現在、国は新型コロナ対策に伴う検疫下にあり、

スパの営業再開はまだ許可れていません。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム