記事一覧

マニラの「魔法の信号機」が物議、罠か故障か?

マニラ市内交差点にある信号機が、

交通取締を装った不正に使われているとの疑惑が浮上しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

問題となっているのは、

アバッドサントス・アベニューと、

アンティポロス・トリートの交差点にある信号機で、

フェイスブック上に投稿された動画には、
https://internet.blogmura.com/facebook/

青信号の残りが13秒との表示が突然3秒に切り替わり、

撮影者の車が交差点を通過する前に赤信号となり、

待ち構えていた交通監視員に停車を迫られる様子が記録されています。



これに対しマニラ市で交通取締を担当するMTPBは、

信号を操作する権限がないと主張し疑惑を否定しました。

信号の管理権限はマニラ首都圏開発局(MMDA)にあるということです。

さらには問題のフェイスブック動画には、
https://internet.blogmura.com/facebook/

運転手が違反切符を切られた場面がなく、

監視員が事故を避けるために、

車を誘導しただけのようにも見えると指摘しました。

しかしマニラ市の交通監視員は腐敗でも知られており、

違反をでっち上げて賄賂を求める者がいたのも事実で、

モレノ市長は腐敗した監視員を解任し、

恐喝行為をしないよう職員に警告を発しています。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム