記事一覧

マニラ首都圏がMECQに逆戻り?バイク二人乗り解禁、マスク取り締まり強化

このところ規制緩和への期待が高まっていましたが、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

ここに来て感染者数が急増していることもあり、

政府関係者からは国民に気を引き締めるよう求める発言が目立ってます。

内務自治省のアニョ長官は、

マニラ首都圏がMECQに戻る可能性を無視できないと述べ、
https://internet.blogmura.com/facebook/

7月16日以降の検疫レベルが緩和されるとの見通しが、

まだ決定事項ではないことを強調し、

国民に対し危機感を持ち検疫プロトコルを遵守することを求めました。


マニラ首都圏では待望のバイクの二人乗りが解禁されました。

ただし条件があり夫婦や同居しているカップルのみが対象で、

検問では結婚証明書や同じ住所に住んでいることを示す身分証の提示が求められます。


感染者数の増加を受けマニラ首都圏の各自治体でも危機感が高まっており、

マスク着用やソーシャルディスタンスの厳守を市民に求める動きが強まってます。

ケソン市では1千人以上が逮捕されたほか、

サンファン市も市民に違反者の通報を呼び掛けるなど、

市民に気の引き締めを求めています。


一方、マニラ首都圏の高架鉄道LRT1号線は、

感染対策として列車内での会話の禁止を打ち出しました。

高架鉄道をめぐってはMRT3号線で従業員間で感染が広がり、

運行停止に陥るなど感染対策が大きな課題となっています。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム