記事一覧

来月から規制緩和でジム、ネカフェなど解禁、中国がワクチン供給を約束

政府は8月1日からGCQとMGCQの地域で、

いくつかの産業分野の規制緩和を行う方針を示しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

規制緩和が行われるのはパーソナルケア、

エンターテイメント、学習施設などの分野となっています。

GCQ地域では30%のキャパシティで以下のサービス産業が解禁となります。
https://internet.blogmura.com/facebook/

・健康関連のテスト、チュートリアルセンター、レビューセンター
・ジム、フィットネスセンター、スポーツ施設
・インターネットカフェ
・パーソナルグルーミングと美容サービス施設
・ペットグルーミング
・ドライブインシアター

MGCQの地域では以下のサービス産業が解禁となります。

・全身マッサージ
・タトゥーとボディピアス
・ライブイベント
・エンターテインメント産業
https://internet.blogmura.com/facebook/
・図書館、アーカイブ、博物館、文化センター
・観光地
・言語、運転、ダンス、演技、声楽など学習施設

貿易産業省が保健省と連携と連携して産業別のガイドラインを作成中。

しかしながら闘鶏場のほか、

ビアハウスのような飲酒を提供がメインの施設は依然として営業禁止です。

またアミューズメントパークを含む子供向けの娯楽施設も、

検疫レベルに関係なく禁止となっています。



ワクチンを渇望するドゥテルテ大統領は、

施政方針演説の中で中国の習主席と電話会談し、

ワクチンの優先供給を求めたことが明らかにしています。

これに対し中国の外務省は優先供給に前向きな反応を示しました。

しかし中国製のワクチンに不安を感じる意見や、

フィリピンが実験場になるのではとの見方も出ています。


国家警察は警官の訓練施設で集団感染があったことを明らかにしました。

訓練生350人のうち過半数となる183人が、

新型コロナの陽性であることが分かりました。

以前にも国家警察内では、

セブにある訓練施設でも70人が感染しています。

これまでに新型コロナに感染した警官は2千人を超えています。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム