記事一覧

○○の24時間営業がついに許可!100%稼働できる業種も続々

フィリピンの貿易産業省がGCQ地域で、

商業活動に関する大幅な規制緩和を発表しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

貿易産業省は10月3日からマニラ首都圏などのGCQ地域で、

レストランの営業時間制限を解除し、

デリバリーやテイクアウトだけでなく、

店内でのイートインも24時間可能としました。

レストランの営業規模に関しては各自治体の判断に従い、

50%以上でも可能となっており、

アルコール飲料の提供も自治体の判断となっています。

しかしアルコール提供がメインとなる、

バーやビアハウス、ナイトクラブ、KTVなどは、
https://internet.blogmura.com/facebook/

まだ営業再開は許可されていません。


またジムやネットカフェなどは、

依然として30%の上限に据え置かれています。

理髪店やサロンの制限され75%となっています。

以下の業種は100%稼働で営業が可能となりました。

鉱業および採石(国内)
金融サービス(両替、保険、再保険、貸付、非強制年金基金)
法務および会計
経営コンサルタント活動
アーキテクチャとエンジニアリングの活動、技術的なテストと分析
科学および研究開発
広告と市場調査
コンピュータープログラミング
出版および印刷サービス
映画、音楽、テレビの制作
海外での雇用のための採用および配置機関
写真サービス、ファッション、産業、グラフィック、インテリアデザイン
自動車、オートバイ、自転車の卸売および小売業
自動車、オートバイ、自転車の修理
(パンク修理店、バッテリー修理店、自動車修理店、洗車場を含む)
モールおよび商業センター
(レジャー以外のみ。貿易産業省によって発行されたさらに適切なガイドラインに従う)

またレジャー施設を除く以下の小売店も100%稼働が可能。

金物店
衣類とアクセサリー
書店、学校用品店、事務用品店
乳幼児ケア用品店
ペットショップ、ペットフード、ペットケア用品
IT、通信、電子機器
花、ジュエリー、ノベルティ、アンティーク、香水店
おもちゃ屋(遊び場やアミューズメントエリアは閉鎖)
ミュージックストア
アートギャラリー(販売のみ)
銃器および弾薬販売

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム