記事一覧

ダバオ市のコロナ感染が国内最多に、市の封鎖を検討?

マニラ首都圏で感染の拡大が落ち着く一方で、

ドゥテルテ大統領の地元であるダバオ市で感染が急増し、

娘のサラ市長が対策を急いでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

保健省によると11月12日の新型コロナ感染者数で、

ダバオ市が214人を記録し国内で最多となりました。

ダバオ市は10月末から感染者が増加傾向にあり、

これまで6回ほど国内最多の記録を出しています。

これを受けサラ市長は、

再び夜間外出禁令と24時間の禁酒令を再開させました。
https://internet.blogmura.com/facebook/


市内の病院もコロナ病棟がほぼ満床になるなど、

危機的な状態が続いており、

同市を拠点とする医師は再びECQやGCQなど、

ロックダウンを再開すべきと提案しています。

しかし市の保健当局は、

経済的な影響を考慮しECQの再開には消極的な姿勢です。

サラ市長は新型コロナ対策機関のIATFに対し、

ダバオ市を制限区域に指定し、

市への不要不急の移動を禁止するよう要請する方針を示しています。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム