記事一覧

4月に一日2万人の感染者、専門家が警鐘、首都圏で医療危機

夜間外出禁止が厳格化されたマニラ首都圏ですが、

危機的な状況はまだ続いています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

保健省は月曜日に5,404人の新規感染者を発表しました。

これはフィリピンでコロナ禍が始まって以来、

一日の感染者としては四番目に多い数値です。

OCTA研究チームの専門家は、

このままの感染率で推移すると、

4月には一日の感染者が2万人に達すると予測しました。
https://internet.blogmura.com/facebook/

これは現在の実効再生産数1.9に基づいて計算したものです。

以前に同研究チームは3月末までに、

一日の感染者が7千人に達すると予測していましたが、

これより速いペースで感染が増加していることになります。


マニラ首都圏で感染者の多い地域の医療機関が、

次第に圧迫されていることも分かっています。

マカティ市のOspital ng Makatiのコロナ病床は、

月曜の時手で94床が占有され空きは2床のみとなっています。

またマカティ・メディカルセンターは、

すでに91床が占有され29床しか空きがありません。

ビナイ市長は「まるでデジャヴだ」

「今日はロックダウンが始まった日」

「ゼロからやり直している気分だ」と心境を述べてます。

一方、パサイ市総合病院の関係者によると、

36床のコロナ病床のうち27床が占有済みで、

緊急治療室には入院の可能性がある、

多くの陽性者で占められているということです。

大統領府のロケ報道官は記者会見で、

国の一部がECQに戻るかとの質問に対し、

「3月中はおそらくまだです」と返答。

さらに「感染拡大が本当に早く4月に何が起こるか分からない」

「私たちは注意深く監視をしている」と述べ、

再ロックダウンの可能性を否定しませんでした。

ちなみに政府のコロナ対策を絶賛していたロケ報道官は、

この日検査で陽性であることが発覚し隔離措置に入りました。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム