記事一覧

政府と自治体、外出規制の検疫パスで対応分かれる

マニラ首都圏と近隣の4州でロックダウンが月曜日から実施されますが、

外出規制をめぐり政府と自治体で対応が分かれ混乱を招きそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

政府はロックダウン地域の住人が、

生活必需品の調達で外出する際に必要な検疫パスについて、
https://internet.blogmura.com/facebook/

昨年のロックダウンの際に発行された、

古いものがある場合はそれを使い、

もしない場合は検問で簡単な説明をすれば十分との認識を示しました。

ドゥテルテ大統領が3月29日から4月4日まで、

マニラ首都圏を中心とした地域でロックダウンの実施を決定したあと、

ロケ報道官が会見で説明しました。


しかし一部の自治体はより厳しい検疫パスによる規制を敷く方針を示しています。

マニラ市は今回のロックダウンに伴い、

新しい検疫パスの発行を各バランガイに指示しました。

検疫パスは一世帯に一枚のみ発行され、

検疫パスの末尾番号が奇数の場合は、

月曜日、水曜日、金曜日、日曜日の午前5時から午後6時まで外出でき、

偶数の場合は火曜日、木曜日、土曜日、日曜日の午前5時から午後6時まで外出できます。

夜間外出禁止は午後6時から午前5時までです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム