記事一覧

「余計なお世話だ」セブ州知事が専門家の勧告に激怒、規制強化を拒否

新型コロナの規制をめぐり中央政府と、

セブ州知事の対立が深まっているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします

セブ州のガルシア知事は、

海外から帰国したフィリピン人に、

6日間の隔離を義務付けるべきという

3人の医師からの勧告を拒否する方針を固めました。

3人の医師は保健省の顧問で、

ほかの地域と同じように6日間のホテル隔離とPCR検査を求めました。

しかしガルシア知事は医師たちの勧告に対し、

「余計なお世話だ」
https://internet.blogmura.com/facebook/

「私たちは自分で対処できます」

「私は二度とロックダウンを受け入れない」と述べ、

独自の検疫ルールを維持する方針を示しました。

セブ州では空港の検査で陰性が証明されれば、

すぐに帰宅が可能となっています。



勧告をした3人の医師の一人は、

過去にフィリピンで確認された変異種の「P.3」に、

「中部ビザヤ変異種」と命名し、
https://internet.blogmura.com/facebook/

セブ関係者から強い反発を受けていた人物でした。

ガルシア知事によるとセブ州での感染は減少しており、

5月1日の時点で661人となっています。

このことから規制強化は必要ないとの考えです。

ガルシア知事は6日間の隔離に反対する理由として。

苦労して帰国したフィリピン人に、

余計な負担はかけたくないとの考えを示しました。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

ツイッター始めました

ブログ更新の通知のほか最新ニュースも配信 「フィリピンのニュースあれこれ」@pharekore

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

ランキング

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム