記事一覧

【朗報】豪通信大手がフィリピン市場に参入?格安高速ネット通信を提供か

速度が遅く頻繁に止まるにも関わらず、

料金が高いと悪評高いフィリピンのインターネット事情が、

もうすぐ変わるかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ある女性がフェイスブックに投稿した内容が注目を集めています。

それによると最近フィリピンの通信大手のPLDTとグローブが、

相次いで低価格でより高速な、

インターネットサービスを発表したのは、

近くフィリピン市場に、

オーストラリアの通信大手「テルストラ」が、
http://mobile.blogmura.com/mobilecareer/

参入することへの警戒だと説明しています。

「あのPLDTとグローブが急にサービス向上するなんて変だと思わない?」

と女性は疑問を投げかけ、

その理由がテルストラの参入だと主張しています。

彼女によるとテルストラは100Mbpsのサービスを、

月に2千ペソで提供する計画で、

米国と同じように速いインターネットサービスを、

フィリピンにもたらすだろうと予測。

グローブは最近、

1 gigabyteのサービスを9,499ペソで提供すると発表し、

PLDTもこれに追従する方針を示しています。

先月にテルストラがフィリピンの複合企業であるサンミゲル社と、

話し合いを始めていることがその証拠だと彼女は主張しています。

フィリピンはアジアで最悪のインターネット環境と評価されており、

その原因は大手による市場独占と、

政府のインセンティブ不足だと指摘されています。

Woman’s post about Aussie telco’s entry in PH sparks Pinoys’ hopes of increased Internet speeds

================

フィリピンのインターネットも年々改善はしているようですが、

いまだにメインのサービスは2Mbpsや5MbpsのDSLで、

月1千ペソから1500ペソといった価格帯です。

知らない間に使用容量の上限が設定されていたりと、

サービス内容の劣化もあるようです。

100Mbpsは眉唾としても、

最低価格のサービスを10Mbpsくらいまで底上げしてほしいところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム