記事一覧

カードスキミングで外国人2人を逮捕、セブで国際シンジケートが活動

セブでスキミングにより複製したカードを使って、

ATMから現金を引き出そうとした外国人2人が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


逮捕されたのは2人のルーマニア人で、

6週間前にも同じ容疑で逮捕されていました。

2人は国際シンジケートのメンバーと見られ、

英国人の口座を乗っ取り、

フィリピン国内のATMから現金を引き出そうとしていました。

男のひとりは3年前に発効されたフィリピンの免許証を所持しており、

約1年に渡ってセブの複数のATMから、

ペソで現金を引き出していましたが、

それ以前にはパンパンガ州で活動していたと見られています。

土曜日に銀行関係者が、

ATMで不審な処理が行われていることを警察に通報し、

駆け付けた警官が現金を引き出していた2人を逮捕しました。

rom1.jpg

容疑者たちからは引き出した5万2千ペソのほか、

70枚以上の偽造カードと、

複数のレシートが押収されました。

海外のカードが違うATMで次々と、

使用されているのを怪しんだ銀行の判断が逮捕につながりました。

容疑者か使用していたカードは、

引き出し上限の5万ペソを超えて、

50万ペソを引き出し可能だったそうです。

容疑者たちはドイツ人ハッカーが率いるシンジケートに属し、

海外で引き出し役をやっていたとみられています。

海外のカードは情報を守るためマイクロチップを使用していますが、

フィリピン国内ではアップデートが遅れており、

セキュリティの甘さを利用して、

引き出しが行われていたと見られています。

容疑者は9月20日にもセブ市内で、

違うATMで次々と現金を引き出しているのを不審に思った警備員に通報され、

駆け付けた警官に逮捕されていました。

2人は2万4千ペソの保釈金を支払えば釈放される見通しです。

2 caught getting other people’s money

=================

たった2万4千ペソで保釈なんて信じられないですね。

9月に逮捕されたときも保釈されて、

その後も犯行を続けていたのでしょう。

さっさと国外追放にすべきですね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム