記事一覧

【校長先生】子供の人身売買が増加、モデル募集と偽りソーシャルメディアで勧誘

フィリピンでインターネットを利用した子供の人身売買が、

過去数年に渡って増加しているということです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


国家警察のサイバー犯罪対策班によると、

2015年度に子供が犠牲となったサイバー犯罪は136件に達し、

2014年の87件、2013年の51件と比べ、

大幅に増加していることが分かりました。

ときには両親が斡旋者となって、

自分の子供の写真を50ドルから100ドルで、

外国人の顧客に販売していたケースをもあるそうです。

いくつかの両親たちは、

子供が精神的なトラウマを負うことを知らずに、

肉体的な接触がないため無害だと考えています。

csx3.jpg

子供がインターネットを使うことが増え、

危険な大人に接触する可能性も増えています。

子供を狙う大人たちは、

オンライン・モデルの募集だと偽り、

最初は顔写真だけを送らせて油断させ、

次第に上半身、そして全身、

最後は裸とエスカレートさせる手口を使います。

サイバー犯罪対策班が担当している事件の多くは、

海外でフィリピンの子供を餌食にした容疑者が逮捕されたあとに、

連絡を受けて発覚したものです。

容疑者が有罪となれば、

20年以下の懲役や200万ペソの罰金が課せられます。

PNP: Mga batang nabibiktima ng cybersex, dumarami

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム