記事一覧

【鬼畜タクシー】妊婦に「金がねえなら〇〇で払え!」、新しい恐喝手口が横行

マニラ首都圏で悪徳タクシーの新しい恐喝手口が横行しており、

当局が利用者に注意を呼びかけています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者はマニラ国際空港からタクシーを利用した、

妊婦の女性と付き添いの男性です。

調べによると男性は、

パラワンからマニラ首都圏を訪れた、

妊婦の親戚を迎えに空港に行きました。

そして客引きの男に、

1キロにつき30ペソという料金の説明を受け、

ヒル・プヤット・アベニューまでタクシーを利用することにしました。

男性は距離から300ペソ程度だと考えていましたが、

目的地に到着すると運転手は、

その約5倍に相当する1980ペソを請求してきました。

男性が1400ペソしか手持ちがないことを知った運転手は、

ドアをロックして2人を車内に閉じ込めて、

妊婦が所持していた2万2千ペソの携帯電話を料金として渡すよう脅迫。

taxs1.png

妊婦が一緒だったため男性は抵抗せずに、

携帯電話を引き渡さざるを得ませんでした。

ほかにパラニャーケ市のSMビクタンからタクシーを利用した、

別の客の被害も報告されていますが、

タクシーのナンバープレートはどちらの事件も、

「UVM-119」の車両が使われており、

同じ運転手の犯行とみられています。

その後、問題のタクシーの運行会社が、

陸上交通許認可規制委員会(LTFRB)に呼びだされ、

経営者の女性が問題の運転手とされる男を連れて一緒に出頭しましたが、

被害者が確認すると、

その男は空港で客引きをやっていた人物で、

運転手は別の人物であることが発覚。

さらに男が所持していた免許証は偽物であることも判明しました。

ビデオ:Extortionist-cabbie forces passengers to hand over cellphones as payment.

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

=================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム