記事一覧

ドゥテルテ候補に経済界から不安、支持率アップでペソ暴落中、彼は比のトランプだ

フィリピン国内では熱狂的な人気を集める、

大統領候補のドゥテルテ氏ですが、

海外からは経済面での不安も指摘されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ドゥテルテ氏は大統領選挙に関する最新の世論調査で、

相次いでトップの支持率を獲得し、

ほかの有力候補を引き離し独走態勢になりつつあります。

しかしこれに反応するように、

フィリピン通貨のペソが1.6%も下落しました。

フィリピンは長年「アジアの病人」と呼ばれ経済が停滞していましたが、

アキノ大統領によって1970年代以来の高い成長率を達成。

ドゥテルテ氏は強硬な犯罪対策や、

率直な物言いで国民の人気を集めており、

さながら米大統領候補のトランプ氏のような存在です。

専門家はドゥテルテ氏が経済を意図的に混乱させることはないが、

経済改革が優先事項として示されていないと不安を指摘しました。

d1.jpg

為替レートは昨年の8月以降、最悪の数値となっています。

マニラの銀行関係者は年末までに、

1ドルあたり48ペソまで下がる可能性を指摘しています。

経済学者はアキノ大統領の経済改革を引き継ぐ候補者としては、

ポー上院議員やロハス候補が相応しいと考えています。

ドゥテルテ氏は1908年代にダバオ市の治安を改善したことで、

人々から多くの支持を獲得していますが、

暴言や誤解を生む発言が多く各方面から非難を受けています。

Duterte effect: Peso drops 1.6% – Bloomberg

================

以前にドゥテルテ氏が第二のエストラダ大統領になると指摘しましたが、

【外交問題】豪テレビ番組「彼が当選したらフィリピンに行くな」、大統領候補ドゥテルテ氏の発言が炎上

海外の経済界も同じように不安を感じているようです。

ドゥテルテ氏が当選すれば、

エストラダ政権下でのペソ安円高が再来するかもしれません。

ドゥテルテ氏は国政の経験がないことも問題視されており、

いろいろと混乱が生じるかもしれません。

フィリピンでは政局が混乱すると、

それに乗じてアロヨ政権下のようにテロが多発する傾向があります。

果たして彼が言うように治安を劇的に改善できるのか、

お手並み拝見といきたいところです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム