記事一覧

【暗黒空港】また銃弾事件が繰り返され始める、GWで帰国の際は要注意ですぞ

マニラ国際空港で銃弾事件が再発しはじめ、

何も改善されない世界最悪の空港の貫禄を見せつけています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


土曜日の午後3時ごろ、

マニラ国際空港のターミナル3で、

工場従業員の女性が銃弾所持の疑いで、

空港警察に逮捕されました。

女性は休暇で訪れていたカガヤンデオロから、

マニラに飛行機で戻りました。

到着後、女性はすでに空港から出ていましたが、

夫が出迎えのためターミナル内の出発エリアで待っていることを知り、

再び空港内に戻ろうとしました。

するとエックス線検査で3発の銃弾がバッグから発見され、

空港警察によって拘束される結果となりました。

女性は銃弾の所持を否定しています。

女性は空港に入るときに、

迎えに来た夫と携帯電話で話していましたが、

このときに正体不明の人物たちに囲まれたと話しており、

何者かに銃弾を仕込まれた可能性を主張しています。

女性は銃弾の違法所持の捜査のため、

空港警察に連行されましたが、

翌日の午前1時ごろに一時的に釈放されました。

一方、同じく土曜日にターミナル1でも、

85歳のフィリピン人女性の荷物から銃弾が発見され、

空港に一時足止めされる事件がありました。

女性は家族と一緒にカナダに向かうため、

ターミナル1を訪れましたが、

エックス線検査で緑色のスーツケース内に銃弾が入っているのが発見されました。

cri1.jpg

62歳の娘は「私が荷物の準備をしたのに」とヒステリー状態となり、

息子も「ここには魔術でもあるのか」と、

銃弾の存在を信じられない様子でした。

問題のバッグにポケットはなく施錠された状態でした。

空港の警備当局は女性が高齢であることを考慮。

さらに警察が調べたところ、

発見された銃弾には火薬が入っておらず、

弾頭も交換してある「お守り」用で実弾ではないことが分かり、

女性は無事に飛行機に乗って目的地に向かいました

Bullets found inside factory worker's bag at NAIA

CANADA BOUND | Octogenarian passenger held at NAIA for bullet possession

===============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム